ブログトップ

つれづれなるまなに。

tsuremana.exblog.jp

with you☆190214

Happy Valentine♡

a0317586_15462858.jpeg

でした。笑


ことしは平日だったのもあって、

ふつうに過ごしている人が多いのかなぁ…と思っていましたが、

それでもバレンタインに関するメッセージがたくさん届きましたーっ!!

学生時代の思い出話から、お子さんやお孫さんとのチョコレートのやりとりとか、

もはや最近の主流である自分チョコの話まで…

みなさんのお話たくさん聞けるラジオは本当に楽しいです^^


ちなみに、私はことしもお世話になっている方々に

"感謝チョコ"をおしるし程度ですがお渡ししました。

月曜担当の中倉真梨子さんが去年

「お世話になっている人にお渡ししたいけど、お返しなどの気を遣わせたくない。でも「お返し結構ですので」というのも逆に気にしているようで言うのも変だし…」

という悩みを話されていたことありますが、もぅまさしくおんなじ感覚です!

思わず「めっちゃわかるっ!」とラジオにツッコんだことがあります。

"気を遣わせない渡し方"が一番難しい…。笑


あと、私はこの時期に手作りお菓子を作るのも定番化しています。
(お渡しするのはごく一部ですが…)

a0317586_15465596.jpeg

a0317586_15470567.jpeg

バレンタインの時期は、お店の製菓グッズコーナーも潤沢で楽しいです・・・♪






2時台の"私の気にタグ"では、「ペンライト」にタグ付けしました。

先週日曜日、大阪フェスティバルホールで行われた

「長良グループ 新春豪華歌の祭典」に行かせていただきました♪

a0317586_15472878.jpeg

a0317586_15491621.jpeg

山川豊さん、田川寿美さん、氷川きよしさん、水森かおりさん、

そしてwith you火曜日にもご出演された辰巳ゆうとさん、という豪華な顔ぶれ!

そこで見たのは・・・

まるでアイドルコンサートのように色とりどりのペンライトの数々!!

いわゆる"おばあちゃん世代"のご年配の方々も

本当に楽しそうにペンライトを振りながらコンサートを楽しんでいらっしゃって、

イキイキとした笑顔はとってもステキでした^^

非日常感を演出してくれるペンライトのチカラを感じました。

そうそう、その日は一部で写真撮影OKの時間帯があって、

客席に歌手の方々が来てくださり、会場は大盛り上がりでした!

氷川きよしさんが来られた時の黄色い歓声は一段とすごかったです…!

a0317586_15493226.jpeg

a0317586_15494279.jpeg


それから"My Song With You"のコーナーでは

orange pekoeの「シルィー・ショコラ・ラヴァーズ・ドリーミィ・タイム」という曲を♪

この曲を選んだのは、まさに「バレンタインだから」なんですが、

orange pekoeは私の思い出のアーティストでもあり。

男性ギタリストと女性ボーカリストの二人組ユニット。

Jazzyなグルーヴが心地よくて、楽曲が好きというのもあるのですが、

とあるラジオオーディションのデモ番組で、orange pekoeの曲を選曲しました。

最終選考で涙をのんだ、チョコレートのようにほろ苦い思い出付きですが(苦笑)

"今の私"にも繋がる、とても大切な経験となりました。




3時台は、今月のwith you推薦曲「浜防風」を歌う

山崎ていじさんのインタビューをお届けしました!

背が高くて、とってもダンディな方でした

お届けしたインタビューでは話していませんでしたが、

今回の作品も含め、山崎ていじさんのミュージックビデオでは

山崎さんがポケットに手を入れて立っているシーンがよく出てくるのですが…

その姿がカッコよくて!

山崎さんと同世代である私の父親も、よくポケットに手を入れて

(これ見よがしにカッコつけて)写真撮ったりするんですが・・・

なんであんなに違うのか…。泣笑
(そもそも足の長さがちg・・・以下自粛。)


また、山崎さんは学生時代はずっとバスケットをやっていたそうで、

今も好きなんだそうです^^

オフエアでは山崎さんのご出身である島根のチーム、スサノオマジックはじめ、

Bリーグの話なんかでも盛り上がりました^^


推薦曲の「浜防風」は海岸に力強く咲く植物のこと。

男性の「強くなりたい」という思いが優しくも男らしく唄われています。

今月は推薦曲として毎回お届けしていますし、じっくり楽しんでくださいね~^^




さて、あっという間に2月も中旬。

with youの前の番組「よなよな」でも話されていましたが
↑まさかのホンモノの支払調書を見ながらしゃべるというリアルさ!笑

そろそろ確定申告の準備を本格化させなければ…。

バタバタする年度末ですが、来週もどうぞよろしくお願いしますー!

# by radioccho | 2019-02-16 16:00 | with you | Comments(0)

with you☆190207

今週もお付き合いいただきありがとうございました!

予報通り、この週末は冷えますね…

本当に寒くなったり暖かくなったり、

しばらくは"三寒四温"を感じる時期ですね。

「寒暖の差に気をつけてくださいね」といったメッセージ、

いつも以上にたくさんいただきました。

ありがとうございます!

受験や就活などなかなか気が抜けない日々を送っている方も多い時期ですし、

みなさんお互い気をつけましょうっ٩( 'ω' )و




さて、2時台の"私の気にタグ"では「手話の地名」にタグ付け。

"地名"というと、固有名詞ですし、指文字で表現するのかなぁ…と思いきや、

それぞれの表現方法ができているところもあるんですね。

滋賀県は楽器の"琵琶"を鳴らす動作が入っていたり、

奈良県は大仏様のしぐさをしたり…。

私が毎週お世話になっている滋賀県の「甲賀市」は忍者の町。

なので、忍者がドロンっと消える時の、

あの指2本立てて重ねるようなしぐさが入っているんですって!

もちろん、知らない人に説明する時などは指文字も使うようですが。


手話の話をしていたのは、私の地元の友人と。

2013年度、私の地元である東近江市の観光大使"レインボー大使"を一緒に勤めていた

あやのちゃんです♡
(注。一般のお仕事しているコですが、許可もらってます^^)

a0317586_14340569.jpeg

大使だった時からもう5年ほども経つのに、

今もこうしてつながりを持てている大事な友人です♪

職種も私生活も音楽の趣味も…全然違うんですが(笑)

不思議と何かに対して思うことや共感することはたくさんあって、

いっつも話が尽きません!!

今回もあっという間でした~!

a0317586_14342577.jpeg



同じく2時台の"My Song With You"は、

シンガーソングライターThe Charm Park(ザ・チャームパーク)の「Imperfection」を選曲。

去年の秋、音楽イベントでたまたま出会って一目惚れ…

ならぬ"一聴き惚れ"をしたアーティストです。

その秋のイベントの数か月後にメジャーデビューという、

個人的にはなんだかいい時期に出会えたなぁと思います。笑

8歳から24歳までをアメリカで過ごしたという彼の音楽は、

いわゆる"洋楽仕込み"のグルーヴ感がとっても心地いい。

タイトルの「Imperfection」は「未完成」という意味。

未完成だからこそ未来を描くことのできる良さ、

キラキラと前向きな気持ちにさせてくれる一曲で、

新しい季節を迎える今の時期にもぴったりかと思います。

ちなみに先月は梅田のライブハウスでワンマンライブを見てきました!

バンドとのセッションなんかは、ジャズLIVEのような生感(その時その場所でしか聞けない感じ)を思う存分味わえる、最高にカッコいい音楽空間でした♪♪

a0317586_14344510.jpeg




3時台は久しぶりにイランの話を少し。

イランにバレンタインはありませんが(というか政策として廃止)

モテるために(⁉)オシャレをするのはどの国も変わりません!

イラン人のオシャレ意識やメイクなどについて少しご紹介。

鼻を"低く"する整形手術が人気なんて、日本人にはなかなか考えられませんね…!笑

きょうのフレーズ:「あなたを愛しています」(アーシェクェ ショマー ハスタム)

ちなみに書くとこうなります↓
عاشق شما هستم


これは、英語でいう「I love you」に当たる言葉なので「I like you」ではありません。

日常生活では「愛する」という言葉より「好き」という言葉をよく使う気がするので、

それはまた別の機会に…。笑




さて、来週はなんとバレンタイン当日♡

バレンタインの思い出話はもちろん、

最近のチョコスイーツの話なんかも…メッセージお待ちしていますー^_^

# by radioccho | 2019-02-09 16:30 | with you | Comments(2)

映画『バハールの涙』

「バハール」という言葉にひかれて興味を持った作品。

バハール、というのは、ペルシア語で「春」という意味。

「もしかして、イランやペルシア語に関する作品なのかな」って。



実際には「バハール」というのは主人公の女性の名前だった。



この作品は、2014年8月から2015年11月に、

イラクのクルド人自治区で実際に起こった出来事に着想を得て描かれのだそう。

「IS(イスラム国)に奪われた息子を助け出すべく、女性だけの戦闘部隊を結成してISとの戦いの最前線に身を投じたクルド人女性(=バハール)と、彼女たちを取材する(フランス人)女性ジャーナリストの姿を描く。」byWikipedia




一言ではまとめきれないほどの

いろんな感情が渦巻いた。



戦意高揚のための女性たちの歌は力強かった。

だけど同時に恐ろしいなど思った。

戦中は"ふつうの人"がこんな状態になるんだ、と思った。

私たちの感覚からは想像もできないような"マヒ"したような状態だと感じた。

敵も味方も関係ない。

戦争になれば、現場は何の秩序も無くなって"人"で無くなる。



どこの場面だったか“自爆兵”と字幕で出てた時に「Kamikaze(カミカゼ)」と聞こえた気がしたのだけど、

日本語のあのカミカゼなのだろうか…
(これについては確信がないが気になった。)



ただ、戦闘に臨むバハールたちは「怖いものはない」といっていたけれど、

リアルな"その時"は人間らしく描かれていた。

どんな敵であれ"人"を殺める時のババールの手の触感、動悸、精神状態・・・

どんなものだったのだろうかと、その映像が問いかけてくる。

・・・私には決して想像もつかないものなんだろう。




アメリカ軍の攻撃は、「派手」だった。
(表現がふさわしくないとは思うのだけど・・・)

どこに誰がいようがおかまいなしにボカーンっと爆弾が落ちて、全部破壊した。

荒かった。

「潰せば無くなる」という恐ろしく単純な行為のように思えた。





敵の拠点と思われる場所に進入して行くときの緊張感は本当に怖かった。

向こう側の銃を構えた“敵”と遭遇・・・!



子どもだった。



ISの兵士は子供もいるとはよく聞く話だけど、このシーンは印象的だった。

そして、バハールは息子と出会った。




この作品はフランス映画で、ジャーナリストたちのセリフは主にフランス語、そして現地の人々の言葉はクルド語だった。

前に『ラジオ・コバニ』という作品を見たときにも感じたけど、

クルド語って想像以上にペルシア語だった。
(実際、バハールの役を演じた女性はイラン人女優のゴルシフテ・ファラハニさん)

数字なんてそのまんまだと思ったし。

だからこそ・・・

とても哀しかった。





フランス人ジャーナリストの言葉にドキリとした。

ジャーナリストが感じる「無力感」を嘆く言葉。

「(取材して写真や記事に掲載しても、人々は)1回クリックして終わりよ。」

人々の無関心に警鐘を鳴らしているようだった。



ジャーナリストの視点で結ばれたエンディング。

これが、監督の言いたかったことか。

オープニングとエンディングが交わり、

ジャーナリストのルポが伝えられて、作品が立体的になった気がした。

a0317586_17004950.jpeg

# by radioccho | 2019-02-08 13:30 | 映画レビュー | Comments(2)

with you☆19131

1月から2月にかけてのちょうど境目の夜の放送でした。

新年度に向けてのこの3ヶ月間は一年のなかでも時の早さを感じますよね。

「あっという間ですね!」「早いですね・・・」

そんなメッセージがたくさん届きました。

先週もお付き合いありがとうございました!



2月にはいって、バレンタインの季節。

オープニングでお話してたスイーツ、分かってもらえました??苦笑

こんなんです!

a0317586_16010260.jpeg

拡大すると・・・

a0317586_16013956.jpeg

かぶりつくにも大きすぎるし、結局上のホイップクリーム食べてから下のサンド部分を食べたという・・・笑

ミルフィーユってどうやって食べるのが正解なんだろう。。

しかし、リキュールがふんわり香って上品なお味、とってもおいしかったです♪




2時台"私の気にタグ"では「カイロ」にタグ付け。

先日1日外でのお仕事だったんですが、

そのイベントというのが、私も住んだことがある徳島のPRイベント。

a0317586_16024090.jpeg

こちらはサンプルですが、徳島県産のおいしいお野菜もたくさん売られていました!

ちゃっかり私もなると金時を購入♪

ふふ、何しようかなぁ・・・(゜▽゜*)

しかし朝のうちはちらちら雪も舞う中、一日屋外。

久しぶりに貼るカイロのお世話になりました!

というわけで、「カイロ」にタグ付けしたのですが、

今カイロって貼る貼らないに限らず、いろいろあるんですね~!!

a0317586_16045426.jpeg




つづいて"My Song With You"のコーナーでは

Backstreet Boysの「Bigger」を選曲しました。

新しいアルバム「DNA」も話題になっていますが、

こちらは2009年リリースのアルバム「THIS IS US」からの2ndシングルです。

「僕はこんなヤツなのに、君はそれを気にも留めないなんてBigger(=大物)だね」というようなことを歌っています。

歌詞を読むと、男性の一生懸命なコトバがとてもかわいく感じて、好きなんですよね・・・(*´ω`*)

それをトップアイドルが歌うなんてずるい話です。笑

男性目線の曲ですが、バレンタイン前ということで甘いラブソングを選んでみました♪





3時台は、蒼彦太(あおい ひこた)さんのインタビューをお届け。

30歳のバースデーに起こった"大人の洗礼(!?)"面白かったですね^^

1月23日に新曲「梲(うだつ)」をリリース。

まさに今のような気持ちを歌った曲、とおっしゃっていたのが印象的でした。

内に秘めた情熱や決意が感じられるような楽曲です!




さて、気がつけば節分を迎え、立春も過ぎました。

恵方巻きもいただきました!

a0317586_16035267.jpeg

おいしかった~^^



今回更新が遅くなり、あっという間に木曜日の気配を感じてあせってます。笑

今週もよろしくお願いしますー!!

# by radioccho | 2019-02-06 15:59 | with you | Comments(2)

くるみパン(よりみちぱん)(膳所)


「くるみ食パン」を紹介していたところの別商品。

これこそが"くるみパン"ですね。笑

夕方とかだと売り切れのこともあるので、今回ようやく♪



3コ260円でした。

直径9cm程度の5つ片の花型くるみパンです。

やや小ぶりですが、しっかり花型でぷっくりしててかわいい…^^

よく膨らんだパンの表面はわりとしっかり焼き色がついています。

シンプルな生地にくるみの粒が混ぜ込まれた

オーソドックスなくるみパンですね。


クラスト(皮表面)は薄いながら、リベイクすると表面はパリッとなりました。

それでもクラム(中身)はしっとりふんわり。

そして大粒のくるみがザクザク!

小ぶりの小物パンの割には大きめのくるみが嬉しい!

シンプルだけど、飽きのこなさそうな味わいは、ロングセラーとなりそうな一品。

日常使いのパンとして「3個入り」になっているのもよく分かります。笑

そのお手軽な大きさから"おやつ"や小腹がすいた時なんかも重宝しそうです。

a0317586_23454430.jpeg

# by radioccho | 2019-01-29 23:44 | くるみパン | Comments(2)